妊婦

逆子

赤ちゃんが自然に頭を下に向けてくれるようお手伝します

逆子は無理にもどすのではなく、ごく自然な方法でなおします。赤ちゃんの居心地がよくなるよう、お母さんのからだを整えていきます。母体にも赤ちゃんにも、とてもやさしい施術です。

東洋医学には陰陽論というものがあります。全てのものは陰と陽の2つから成り立っているという考え方です。陰と陽はいつも対象関係にあります。一方が陰ならもう一方は陽です。そして、2つは正反対でありながら互いに助け合い調和します。たとえば、女性(陰)と男性(陽)、お腹(陰)と背中(陽)、下半身(陰)と上半身(陽)・・・などです。
お母さんとお腹の中の赤ちゃんも、陰と陽の関係で調和しています。お母さんの頭が上、足が下、そして赤ちゃんの頭が下、足が上にあります。このようにお母さんの下腹部(陰)に赤ちゃんの頭(陽)があると、陰陽が調和して安定していると考えます。
ところが、何らかの理由で赤ちゃんの居心地が悪くなると、頭を上に向けて調和が乱れることがあります。これが、東洋医学でみる逆子です。逆子は「なんだか居心地が悪いなあ」という、赤ちゃんからのサインとみることもできそうです。では、それはどんな時でしょう。

女性のからだは、妊娠すると気血のめぐりがとても良くなります。気とは「精気(せいき)」、科学的な言葉では生命エネルギーというとわかりやすいでしょうか。血は「血液」のことです。妊娠してから、からだが温かくなったと感じている方も多いのではないでしょうか。中には暑いくらいという人もいらっしゃると思います。これは、大切な命を育むために、気血がからだの隅々までめぐっているからと考えています。このような時は、お腹の中の赤ちゃんも頭を下に向け、陰陽が調和して心地よく感じていることでしょう。
ところが、気血の流れに偏り(かたより)や滞り(とどこおり)が起きると、赤ちゃんはだんだんと居心地が悪くなると考えています。
また、気血の流れが乱れると、母体は徐々に冷えてきます。特に、下半身が冷えている妊婦さんは注意した方がいいかもしれません。「赤ちゃんは大切な頭を冷えから守るために逆子になる」という考え方もあります。

はなもも鍼灸治療院は、母体を整えて、赤ちゃんが自然なかたちで下を向くお手伝いをいたします。からだの隅々に気血をめぐらせて、赤ちゃんが心地よく感じられる温かいからだになりましょう。

施術を受けるタイミングは、早ければ早いほど良いでしょう。からだが小さいうちはお母さんのお腹の中でコロコロと動き回っていますが、大きくなってくると子宮内で動けるスペースがだんだんと狭くなってきます。逆子とわかったら、なるべく早めに受けることをお勧めします。
施術回数は、だいたい2回~3回受けていただくと戻りますが、ずっと逆子のまま大きくなったり、お母さんの冷えが強かったりする場合は、もう少しかかることもあります。
一般に、逆子は35週をこえると直りにくいとされていますが、37週ぐらいまでは動けるスペースがあれば戻る可能性はあります。根気よく気血のめぐりを整え、冷えをとっていけば、お腹の赤ちゃんは自然と頭を下に向けてくれるでしょう。