妊活・不妊

卵管障害

卵子と精子が出会うために

卵管は、卵子と精子が出会い受精するとても大切な場所です。卵管がしっかりとその役割を果たせるように、温かいからだに整えていきましょう。

卵管のトラブルは女性の不妊原因の中で最も多く、約30%~50%を占めています。
卵管は、卵巣と子宮をつなぐパイプのような器官です。卵巣から飛び出した卵子は、卵管采にキャッチされて卵管の中で精子を待ちます。そして、精子とうまく出会えると受精卵が誕生し、ゆっくりと子宮内へ移動します。このように卵管は、妊娠の成立にきわめて重要な役割を果たしますが、とても細く繊細にできているため、ダメージを受けやすい組織です。たとえば、クラミジア菌などの感染症で炎症が起きると、卵管がふさがってしまい、卵子や精子が通れなくなります。また、子宮内膜症(チョコレート脳腫)の炎症が卵管采にまで広がると、卵子を取り込めなくなります。こうした卵管のトラブルを卵管障害といいます。
もし、卵管に何らかの問題があったとしても、それを体表から確認することはできません。赤ちゃんを希望してから1年以上経つ方は、まずは病院でみてもらいましょう。子宮卵管造影検査や通水検査などを行って、卵管に問題がないか調べてくれます。もし、癒着などがみつかった場合は、対処方法を検討してくれます。
卵管は卵子と精子が出会う場所です。できるだけ早く整えることが望ましいでしょう。
<参考文献:赤ちゃんが欲しい人の本 西東社>

でも、卵管障害の心配はなくなったはずなのに、なかなか妊娠できない、という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。あるいは、再発しないか心配だったり、今のからだの状態で本当に妊娠できるか不安に思っている方もいらっしゃると思います。
当鍼灸院では、「東洋医学に基づいて、原因を追究し解消する」という鍼灸治療を目指しています。卵管障害のそもそもの原因は、「冷え(精気の消耗)」にあると考えています。ピックアップ障害や排卵障害のページでお話したように、からだに冷えが生じた結果、病気に対する抵抗力が低下してしまい子宮内膜症や卵管炎が起きたとみています。つまり、「冷え」を解消していくことが、卵管障害の根本的な解決に繋がると考えています。卵子と精子が少しでも出会いやすくなるよう、きめ細やかな施術で温かなからだに整えていきます。
色々試したけれどもなかなか赤ちゃんに恵まれないとお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。卵子と精子の出会いを丁寧にサポートさせていただきます。