妊婦

マタニティ鍼灸の安全性

お母さんにも、お腹の中の赤ちゃんにも優しい鍼灸

マタニティ鍼灸は、副作用がない安心・安全な代替医療です。昔から、逆子やつわり、腰痛など妊婦さんのケアをはじめ、産後の体調回復にも広く用いられてきた歴史と技術があります。

鍼は痛くない?お腹の赤ちゃんに刺さらない?お灸は熱くない?と不安に思っている方もいらっしゃると思います。
でも、ご安心ください。妊婦さんには、鍉鍼(ていしん)という先を丸くした刺さらない特別な鍼を使用しています(写真)。お腹や背中、手足に優しく接触させるだけなので、お母さんにも、お腹の中の赤ちゃんにも安全です。
お灸は知熱灸(ちねつきゅう)と言って、やわらかな温度が広がります。とても心地いい感覚で、施術中に眠ってしまう妊婦さんもいるくらいです。
衛生面にも配慮して、鍉鍼(ていしん)はオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で完全滅菌したものを、シーツはディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。

マタニティ鍼灸は副作用もないので安心です。
通常、妊娠中のマイナートラブルは、薬の副作用のことを考慮して、多くの場合、経過観察(様子をみる)となります。そんなとき、鍼灸は妊婦さんの強い味方になります。例えば、逆子やつわりには、「三陰交(さんいんこう)」や「至陰(しいん)」、「内関(ないかん)」など、何千年も前から用いられてきた伝統的なツボがあります。もちろん、その他の症状にも、適したツボがたくさんあります。
鍼灸は、病院のない時代からずっと妊婦さんの健康を見守ってきました。
鍼灸が初めてのお母さんも、鍼に不安のあるお母さんも、どうぞ安心してお受け下さい。