慢性症状

慢性化した痛みとコリ

痛みや凝りに悩まされないからだに

人間が本来持っている自己治癒力を活性化させ、からだをなおしていくのが、東洋医学の基本的な考え方です。首・肩・腰などの辛い痛みから早く解放されるよう、鍼灸でサポートいたします。

ケガをしても傷口が自然になおるのと同じように、コリや痛みも、本来、自然になおるものです。よく仕事や家事で肩が凝ったり、腰が痛くなることがありますが、軽度のものは、通常、一晩寝れば自然になくなってしまうものです。実際に、みなさんも腰が痛かったのに、いつの間にかなおっていたという経験があるのではないでしょうか。これは、自己治癒力がはたらいて、肩や腰の筋肉を修復したり、疲れを癒したりしているからと考えます。
しかし、過剰な疲労やストレスで精気(せいき)を消耗すると、からだはだんだん冷え、それに伴い、治癒力も徐々に低下してきます(詳しくは施術理念をご覧ください)。すると、回復が遅れ、そこにさらに肉体的・精神的負担が積み重なると、慢性的な痛みやコリになると考えています。

よく、「一時的にコリがとれても、すぐ戻ってしまう」という方や、「交通事故やケガの後遺症がいつまでも残っている」という方がいらっしゃいますが、それは、自己治癒力が低下してしまっているからかもしれません。
当鍼灸院では、東洋医学の考えに基づき自己治癒力を活性化することで、痛みと凝りを緩和し再発しにくいからだにかえていきます。辛い肩こりや腰痛、首の痛みから早く解放されるよう、一人ひとりきめ細やかにサポートいたします。
慢性的な痛みでお困りの方、交通事故やケガの後遺症でお悩みの方、ぜひ一度、ご相談ください。