胃酸過多を改善して再発を防ぐ治療

鍼治療の様子

胃酸過多とは?

胃酸過多とは、食べた物を消化するための胃酸が必要以上に分泌されている状態のことです。胃酸はとても酸性度が高いため、過剰に分泌されると自らの胃壁を傷つけてしまうことがあります。それだけではなく、胃酸が逆流すると食道が傷つき、逆流性食道炎を起こすこともあります。

胃酸過多の症状

主に、胃痛、胸やけ、胃もたれ、吐き気、食欲不振、げっぷ、口臭などの不快な症状がみられます。

胃酸過多のよくある原因

胃酸過多は、飲みすぎや食べすぎで発症することがありますが、精神的ストレスが原因で発症することも多い疾患です。極度の精神的ストレスは、胃液の分泌を異常に高めて胃酸過多にしてしまいます。

食べ物が胃に入ると、これを消化するために胃酸が分泌されますが、この時、自律神経とホルモンが協力し合って消化に丁度いい量の胃酸を分泌します。

自律神経には、副交感神経と交感神経の2種類の神経があり、食後は副交感神経が優位に働き、胃酸の分泌を促進します。反対に、仕事中など緊張状態の時は交感神経が優位に働いて、胃酸の分泌を抑制します。一方、ホルモンによる調節は、ガストリンとセクレチンと呼ばれる2つのホルモンが受け持っています。胃酸が不足していればガストリンが分泌量を増やし、反対に多過ぎればセクレチンが分泌量を抑えます。このように、自律神経とホルモンがうまくバランスをとりながら、胃酸の分泌量をコントロールしています。

ところが、自律神経とホルモンは感情の変化の影響を受けやすいため、強い精神的ストレスを感じるとバランスを崩してしまうことがあります。2つの働きがストレスでかき乱されて、胃酸の分泌調整に狂いが生じると、胃酸過多を招くことになるのです。

また、人のからだはストレスを受けると、副腎皮質ホルモンの分泌が高まります。このホルモンはストレスに対抗するために分泌されるホルモンですが、これとは別に、胃酸の分泌量を増やす作用も持っています。このため、長期間にわたってストレスを受け続けると、それだけ胃酸過多になりやすくなります。

つまり、胃酸過多のほとんどに精神的ストレスが関与しているのです。

胃酸過多の根本治療

胃酸過多だから腹部の治療と短絡的な考え方で治療をおこなっていては、無駄に時間が過ぎていきます。胃酸過多の多くは、自律神経やホルモンバランスが乱れたことに起因しているので、2つの働きを整えることを念頭に治療をおこなう必要があります。特に、胃酸過多は精神的ストレスで悪化しやすく、再発率も高い疾患なので、ストレスを和らげ精神を安定させることを考慮した治療を行うことも大切です。

はなもも鍼灸治療院では、積聚治療(しゃくじゅちりょう)という鍼灸治療を用いて、心と体をリラックスさせると共に、自己治癒力を高め、自律神経とホルモンバランスを整える治療をおこなっています。こうした治療によって、胃酸過多が改善することはもちろん、再発も予防できるという効果があります。また、胃酸過多に伴う、胃痛や胸やけ、吐き気などの症状を抑えるために、胃経のツボに治療を行います。これらのツボは消化器系の機能回復に役立ち、胃の調子を整える作用があります。

お薬やセルフケアで辛い症状が治まればいいのですが、なかなか良くならないという方や、治ったと思っても薬を止めると再発してしまうという方も多いのではないでしょうか。はなもも鍼灸治療院では、鍼灸師国家資格を持つ専門家による胃酸過多の治療をしっかりと受けていただくことができます。仕事のストレスで胃酸過多になってしまった方や、自律神経の乱れから胃酸過多を発症してしまった方たちが来院されています。胃酸過多でお悩みの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. 肩に鍼治療を施している様子

    頸肩腕症候群を本質的に解消する治療

  2. 寝違えの治療の様子

    寝違えを緩和する治療

  3. 腰痛のツボにお灸を施している画像

    ぎっくり腰の疼痛を素早く緩和して再発を防ぐ治療

  4. 癇癪を起している様子

    子供の癇癪(かんしゃく)は小児鍼灸で緩和できます

  5. パニック障害の治療の様子

    パニック障害の症状・原因・治療

  6. 慢性腰痛のお灸の様子

    慢性化してしまった坐骨神経痛を早く楽にする治療

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。