のぼせ・冷えの改善には鍼灸治療が効果的です

体熱を循環させるお灸の様子

のぼせ・冷えのよくある原因

頭部ののぼせや手足の冷え症状は、自律神経失調症更年期障害といった病気であらわれやすいことは知られていますが、「体質」が原因になっていることもよくあります。こういったケースでは、上半身のほてりと下半身の冷えが同時にあらわれることも珍しくありません。

東洋医学では、こういったお身体の状態を「上実下虚(じょうじつかきょ)」と呼びます。上実とは体の上方に熱が溜まることを言い、下虚とは体の下方が冷えることを言います。体熱は本来上昇しやすく、上に溜まりやすい性質を持っています。その体熱を下げて上下に循環させる力が弱いと、頭部に熱がたまってほてり、逆に、手足は熱が不足して冷えるといったことが起こります。頭がのぼせやすかったり、手足が冷えやすかったりする人は、元来、熱を循環させる力が弱い体質か、あるいは、何らかの理由で弱ってしまったのです。

のぼせ・冷えをトータルで改善する治療

のぼせだから頭に治療、冷えだから手足に治療といった短絡的な考え方では、余計な時間を要してしまいます。のぼせ・冷えの多くは「熱を循環させる力」が弱いことに起因しているので、この力を活性化する治療に重点を置く必要があります。自律神経失調症更年期障害の場合も、病気の治療に加えて「熱を循環させる力」を回復してあげることでより早く改善します。

はなもも鍼灸治療院では積聚治療(しゃくじゅちりょう)という鍼灸治療を用いて、自己治癒力を高め「熱を循環させる力」を高めていきます。鍼とお灸で全身のツボを優しく刺激し、全身にくまなく気血をめぐらせます。こういった治療によって、のぼせと冷えの両方が早く改善されるという効果があります。

鍼灸と聞くと肩こりや腰痛の治療といったイメージが強いかもしれませんが、のぼせと冷えにも効果があるばかりか、自律神経失調症更年期障害など、のぼせ・冷えと関連が深い疾患もトータルで治療することができます。こういったトータル治療は当院が得意とする治療の1つです。しかも、副作用がないので病院の治療と並行して受けていただくこともできます。のぼせや冷えでお困りの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. みかんの皮の簡単活用法!乾燥させてお風呂に浮かべるだけ

  2. 不安神経症は鍼灸治療で緩和できます

  3. 腱鞘炎のツボを棒灸で温める様子

    腱鞘炎は適切な治療を受ければ比較的早く軽快します

  4. 腰痛のツボにお灸を施している画像

    ぎっくり腰の疼痛を素早く緩和して再発を防ぐ治療

  5. お腹のツボを棒灸で温める様子

    子宮筋腫を根本的に改善する治療

  6. 肩の鍼施術の様子

    50肩の改善には鍼灸治療が効果的です

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。