更年期障害を根本から改善する治療

更年期に効果的なお灸を背中に行っている様子

更年期障害とは

更年期障害とは、閉経の前後5年、45歳~55歳くらいの期間にあらわれる心身の変調のことをいいます。体内の女性ホルモンのバランスが変わることで、「こころ」と「からだ」に変調があらわれやすくなります。若い女性でもなることがあり、この場合、若年性更年期障害といいます。

更年期障害の症状

心身にあらわれる症状は多彩で、いつも同じ症状が出るとは限らず、複数重なってあらわれることもあります。症状の重さは人によって異なり、日常生活に支障を来す人もいます。

からだの症状

急に汗が出る、のぼせる(ホットフラッシュ)、下半身が冷える動悸がする、めまいがする、胸が締めつけられる、喉に何か詰まった感じがする、頭が痛い、耳鳴りがする、慢性的に肩がこる、腰が痛い疲れやすい、だるいなど。

こころの症状

イライラする、不安になる、憂鬱な気分になる、気持ちが落ち込む、急に泣きたくなる、眠れないなど。

更年期障害の原因

更年期障害は、主に、体内で起こる「ホルモンバランスの変化」が関与していると考えられています。

女性は、30歳代後半から卵巣機能が衰えはじめ、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が徐々に減ってきます。更年期を迎える頃になると、体内のホルモンバランスがそれまでと大きく変わり、その影響で自律神経が乱れて心身に変調があらわれます。もう少し詳しくお話します。

卵巣は、生涯にわたって排卵する卵胞の数は決まっています。「卵胞は新たに増えることはない」というのが今の学説です。そのため、年齢とともに、卵巣の中にある卵胞の数は徐々に少なくなっていきます。更年期を迎える頃には、卵胞の数は残り僅かになり、月経周期も不規則になります。やがて、卵胞はすべて無くなり閉経します。この間、卵胞から分泌されるエストロゲン(女性ホルモン)の量も減少してきます。エストロゲンの分泌は、脳内から分泌されるLH(黄体形成ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)によってコントロールされています。LHとFSHが血流にのって卵胞に届くと、それが合図となってエストロゲンが作られる仕組みになっています。

ところが、更年期は卵胞の数が減ってくるので、エストロゲンの生産量も減少します。そこで、脳はどんどんLHとFSHを分泌し、卵胞にもっとエストロゲンを作らせようとします。でも、卵胞の数は減る一方なのでエストロゲンの減少傾向は続き、反対に、LHとFSHの分泌量はますます増えます(下図)。

更年期の女性ホルモンの変化を表した図

やがて、過剰になったLHとFSHが、脳内にある自律神経中枢に影響を及ぼし、更年期障害でよくみられる自律神経系の不調が引き起こされるわけです。

また、更年期は子供の進学や結婚、親の介護など、家族の問題や転機があれこれともち上がる時期です。仕事をしている人は、管理職など責任ある立場を任され、何かと負担が増える年齢でもあります。更年期障害は、ホルモンのアンバランスに、さまざまな要因が複雑に絡み合い、メンタルや自律神経が不安定になることで起こります。

ほっとくとやっかいな更年期障害

更年期障害は、ホルモンバランスの変化にからだが適応してしまえば(慣れてしまえば)軽くなるとされていますが、ほっとくと症状が悪化したり、うつ病などの精神疾患を併発したりすることがあるので早めに対処するようにしましょう。

更年期障害を根本的に改善する治療

更年期障害はホルモンのアンバランスにからだが適応してしまえば自然に軽くなるとは言え、それまで耐え続けなければならないのは辛いものです。いつになれば、からだが慣れるのかも心配です。お薬やセルフケアで楽になればいいのですが、なかなか良くならないという人も多いのではないでしょうか。できることなら、一日も早く更年期障害から解放されたいというのが多くの女性の願いだと思います。はなもも鍼灸治療院では、更年期障害に精通した鍼灸師国家資格を持つ専門家による治療をしっかりと受けていただくことができます。

更年期障害の殆どは、ホルモンバランスの変化にからだがうまく適応できないことに起因しているので、根本的に改善するためには適応力を高めてあげる治療を行う必要があります。はなもも鍼灸治療院では、積聚治療(しゃくじゅちりょう)という治療法を用いて、精気(エネルギー)を活性化して適応力を高める治療を行っています。こうした治療によって、乱れてしまった自律神経バランスが正常な状態に整い更年期症状が軽くなることはもちろん、ホルモンバランスの変化にしっかりと適応できるからだに改善され、更年期を乗り越えることができるという効果があります。

ホルモン、自律神経、メンタル系の治療は当院の得意分野の1つです。色々な治療を受けたけれども効いているのかよくわからないという方や、お薬に頼らず治したいという方、病院の治療と並行して受けたいという方は、気軽にはなもも鍼灸治療院にお問合せください。特に、症状が1か月以上続いている、過去に心療内科系の疾患を患ったことがある方は我慢せず早めにご相談ください。更年期障害が緩和して穏やかに過ごせるようになります。

ご予約・お問合せ

 
更年期障害に併発する病気の治療については詳細ページをご覧ください。






関連記事

  1. 慢性腰痛のお灸の様子

    慢性化してしまった坐骨神経痛を早く楽にする治療

  2. 腰痛のツボにお灸を施している画像

    ぎっくり腰の疼痛を素早く緩和して再発を防ぐ治療

  3. 自律神経にとって優しい生活スタイル

  4. 鍼治療の様子

    胃酸過多を改善して再発を防ぐ治療

  5. クローン病の改善には鍼灸治療が効果的です

  6. 肩の鍼施術の様子

    50肩の改善には鍼灸治療が効果的です

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。