妊婦

つわり

つわりから解放されるために

みなさんのからだに備わっている適応力を高め、つわりを鎮めていきます。妊娠初期のデリケートなからだに優しい鍼灸治療で、快適なマタニティライフを送れるようサポートさせていただきます。

つわりは、妊娠5週目あたりから始まります。一般に、吐き気や嘔吐が代表的な症状ですが、この他に、食欲が低下したり、たべものの好き嫌いがかわったり、唾液の分泌量が多くなったりします。程度に差はありますが、妊娠した人の50%~80%にみられます。
つわりが起きるメカニズムはまだ解明されていませんが、一般には、妊娠したことによるからだの変化や精神面の変化が関与していると考えられています。
必要以上に出産への不安があると起こりやすく、デリケートな人ほど強くなる傾向があります。反対に、のんびりしている人は、比較的軽くすむケースが多いようです。
また、妊娠にともなうホルモン分泌や代謝の変化なども影響していると考えられています。具体的には、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やエストロゲン、プロゲステロンなどのホルモン分泌や、甲状腺ホルモン増大による代謝の変化、自律神経の失調などです。

いずれも詳しいメカニズムはまだ明らかにされていませんが、中でも比較的理解しやすいのは、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とプロゲステロンと呼ばれるホルモンの影響です。
hCGは妊娠すると、形成中の胎盤から分泌されるホルモンです。妊娠10週前後をピークに分泌され、つわりの時期とほぼ重なっています。hCGには、プロゲステロンというホルモンを分泌させる作用があります。プロゲステロンには、子宮の平滑筋と呼ばれる筋肉を緩める作用があります。これにより、胎児の成長に合わせて子宮が大きくなることが可能になります。その一方で、子宮以外の平滑筋も緩めます。たとえば、消化管(胃、小腸、大腸など)です。胃腸は、平滑筋が収縮することによって消化物を運んでいるので、もし、これが緩むと、食べた物がなかなか運ばれず胃の中に長時間残り、吐き気がしたり、嘔吐したり、げっぷが増えたり、ということが起こります。悪心・嘔吐が顕著な人は、「プロゲステロンの増加に適応できずに、胃腸が過剰に反応している」と考えられています。
<参考文献:病気がみえるvol.10 メディックメディア、妊娠と出産10ヶ月 成美堂出版>

前述のように、つわりは「妊娠初期に起きるホルモン分泌などの変化に、からだがうまく適応できない状態」です。そこで、当鍼灸院では、その人の適応力を高める鍼灸治療を行っています。一人ひとりのからだに適したツボを駆使して、力を最大限に引き出します。適応力が活性化すれば、つわりは鎮まり、すっきりした気分を体感していただけると思います。
つわりは個人差がとても大きく、中には、重症化して入院が必要になる人までいます。これくらいは大丈夫と油断せず、早めにご相談ください。快適なマタニティライフを送れるよう、はなもも鍼灸治療院がサポートさせていただきます。

ご予約・お問合せ