妊娠中の鍼灸治療の安全性について

妊婦のお腹のツボに知熱灸を施している様子

妊娠初期の悪阻(つわり)や流産予防、妊娠後期の逆子や腰痛などで鍼灸治療を受けてみたいけれどもちょっと心配…と迷っているママさんも少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

鍼灸治療は正しい知識を持って行えばとても安全な治療法です。はなもも鍼灸治療院では、妊娠初期から妊娠後期まで安心して鍼灸治療を受けていただくことができます。

鍼灸治療の副作用は?

特に「副作用」は、妊婦さんにとって心配な点ではないでしょうか。鍼灸治療はお薬のような副作用はないので、妊娠週数に関わらずいつでも安心して受けていただけます。

鍼灸治療が原因で流産したり、早産したりすることはありません。むしろ、流産予防や早産予防に繋がるメリットがあります。

鍼灸治療は痛い?熱い?

はなもも鍼灸治療院で行っている鍼灸治療は痛くも熱くもないのでご安心ください。

妊婦さんには鍉鍼(ていしん)という先を丸くした刺さらない鍼を使用しています(下写真)。

てい鍼の画像

お腹や背中、手足のツボに優しく接触させて治療を行います。「刺さないで効くの?」と思われるかもしれませんが、妊娠中のママさんにはこのくらいの刺激量が適量なのです。鍼灸治療は正しい技術を持って行えば、最小限の刺激量で最大限の効果を出すことができます。

お灸は、透熱灸(とうねつきゅう)、知熱灸(ちねつきゅう)、棒灸という3種類のお灸を、一人ひとりの症状とお体の状態に応じて使い分けます。

透熱灸は、米粒くらいの小さい艾(もぐさ)をツボの上に置きます(下写真)。

透熱灸(とうねつきゅう)の様子

お線香で点火して、7~8分目ほど燃えたら取ります。熱がきゅっと染み入る感じが気持ちいいお灸です。稀に、薄い茶色の小さい痕が一時的につくことがありますが艾(もぐさ)の色です。2~3日で自然に消えてします。

艾(もぐさ)は、“よもぎ”の葉を精製して作られた自然のもので、添加物などは一切使用していないので、母体にもお腹の中の赤ちゃんにも安全です。

知熱灸は、小指大の艾(もぐさ)をツボの上に置きます(下写真)。点火するとだんだんと温かくなってくるので、熱を感じたらすぐに取り除きます。ポカポカと温かく感じる心地のいいお灸です。

妊婦のお腹のツボに知熱灸を施している様子

棒灸は、艾(もぐさ)を練り固めた棒状のお灸です(下写真)。お肌から離して温めます。温かさがじんわりとしみ込んでくる、とても気持ちのいいお灸です。施術中に眠ってしまうママさんもいます。

足のツボを棒灸で温める様子

お灸にはいろいろな種類とやり方がありますが、いずれも熱くなく痕も残りませんのでご安心ください。

繰り返しになりますが、鍼灸治療は正しい知識と技術を持って行えば、安全に最大限の効果を出すことができる治療法です。はなもも鍼灸治療院では鍼灸師国家資格を持つ、妊婦さんの治療に精通した院長が一人ひとり丁寧に施術しております。もし、鍼灸の安全性に関する不安や疑問点などがございましたら、気軽にお尋ねください。よろしければ、患者さんからいただいた感想もご覧ください。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. 逆子のツボを棒灸で温めている画像

    逆子は鍼灸で優しくもどしてあげることができます

  2. ゆがんだ骨盤が素早く戻る!産後すぐに通えて体調回復にも効果的…

  3. 妊娠中のトラブル対策に【妊娠初期~後期】の鍼灸ケア

  4. お腹に知熱灸を施す様子

    つわりが緩和されて楽になる治療

  5. マタニティブルーは鍼灸治療で緩和できます

  6. 妊娠「安定期」の知っておきたいこと

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。