慢性化してしまった坐骨神経痛を早く楽にする治療

慢性腰痛のお灸の様子

坐骨神経痛とは

坐骨神経は、腰からはじまり、お尻と太ももの裏側を通り、ふくらはぎと足先まで伸びる神経です(下図)。

坐骨神経のめぐりを表した図

坐骨神経が、何らかの傷害を受けた際に発症する痛みや痺れが坐骨神経痛です。「何もしていないのに腰から足にかけて痺れを感じる」、「からだを曲げたときに痛みが走る」、「膝を伸ばしたまま足を上げると太ももの後ろに痛みがひびく」といった場合、坐骨神経痛が考えられます。悪化すると、歩くことや椅子から立ち上がることが困難になる人もいます。痛くて眠れないという人も。中には、筋力の低下や足の皮膚の感覚まひをともなうケースもあります。

症状があらわれる場所は、腰、お尻、股関節、太ももの裏側、ふくらはぎ、すね、足などで、神経の通り道のどこで障害が起きているかによります(下図)。

坐骨神経痛の症状があらわれやすい部位の図

坐骨神経痛のよくある原因

坐骨神経痛は、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、すべり症などの病気が原因になることもありますが、よくある原因は、「固くなった筋肉による神経の圧迫」です。同じ姿勢を取り続けることや同じ作業を繰り返すことは、特定の筋肉に負荷がかかるものです。いつものことで慣れていると思っていても、気づかないうちに疲労は蓄積します。疲れがたまり柔軟性を失うと、筋肉は固くなってきます。特に、梨状筋と呼ばれるお尻の筋肉が固くなると、その隙間を通っている坐骨神経が圧迫されることで痛みを生じます(下図)。

梨状筋の間を坐骨神経が通る図

坐骨神経痛は妊婦さんにも時々みられます。お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくると、どうしても腰を反る姿勢になります。この姿勢を続けていると、腰部で坐骨神経が圧迫されて痛みが誘発されやすくなります。また、大きくなったお腹を支えるために周辺の筋肉が硬直すると、そのすぐそばを通る坐骨神経が刺激されて痺れがあらわれます。

坐骨神経痛を発症した時の注意点

坐骨神経痛を発症したときは、安静と保温が基本です。患部を強くもんで傷ついた神経を刺激しないようにくれぐれも気をつけてください。軽いストレッチもありますが、神経が損傷している場合はやりすぎると悪影響を及ぼすことがあります。坐骨神経痛は対応を誤ると慢性化しやすいので注意が必要です。

慢性化した坐骨神経痛を素早く緩和する根本治療

病院で治療を続けているけれどもなかなか改善しなかったり、薬を処方されても効果があるのかどうかわからなかったり、どうしたらいいか困っている方も少なくないと思います。そういう場合は、はなもも鍼灸治療院の治療を受けることによって、慢性化してしまった坐骨神経痛を改善していくことができます。

坐骨神経痛は、圧迫されている部位をきちんと特定し治療していくことが重要です。坐骨神経は長くて太い神経なので、圧迫されている部位から離れたところに症状があらわれことも珍しくありません。そのため、痛いところに治療を施すといった単純な考え方では、無駄に時間だけが過ぎてしまいます。はなもも鍼灸治療院では、坐骨神経痛に詳しい国家資格を持った鍼灸師が、専門的な問診と動作確認によって神経が圧迫されている部位を特定し治療することで辛い症状を緩和していきます。

坐骨神経痛の治療でもう1つ重要なことは、圧迫により損傷した坐骨神経を修復することです。いくら圧迫されていた部位を緩和したとしても、神経が傷ついたままでは症状は改善されません。慢性化した痛みや痺れに悩まされている方は、傷ついた神経が治りきっていないためと考えられます。はなもも鍼灸治療院では、積聚治療(しゃくじゅちりょう)という治療法を用いて、自己治癒力を高めて損傷した神経を元の正常な状態に戻す治療もおこなっております。

こうした治療によって、慢性的な症状が和らぐことはもちろん、坐骨神経が回復して根本的に改善されるという効果があります。治療後は辛かった動作も軽やかになってきます。慢性化した坐骨神経痛でお困りの方はもちろん、もしかしたら坐骨神経痛?と心配されている方も、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。重症の症例も最後まで責任を持って治療いたします。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. めまいは鍼灸治療で改善できます

  2. 夜泣きは小児鍼で軽減できます

  3. 棒灸を使った施術の様子

    気象病は鍼灸治療で改善できます

  4. 自律神経のセルフケアに役立つ腹式呼吸のやり方

  5. 腰に4つの知熱灸を施している様子

    胃十二指腸潰瘍を根本的に改善する治療

  6. クローン病の改善には鍼灸治療が効果的です

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。