鎮痛剤に頼ることなく腰や股関節などの痛みを楽にする鍼灸治療

妊婦の腰のツボにてい鍼をあてている様子

念願の赤ちゃんを授かり幸せなマタニティライフを過ごそうと思っていたのに、腰や股関節などの痛みに悩まされるのは辛いものです。妊娠中でも使用できる鎮痛剤があるとはいっても、お腹の中の赤ちゃんへの影響は心配だし、効き目が切れるとまた痛くなるし、使い続けるのも抵抗があるし、できることなら薬に頼ることなく安心で安全な治療を受けたいというのが多くの妊婦さんの願いだと思います。

はなもも鍼灸治療院では、鎮痛剤を使うことなく安全に痛みを和らげることができる治療を行っております。マタニティ鍼灸の技術・経験・知識に長けた国家資格を持つ鍼灸師が治療を担当いたしますので安心してお任せください。もし、鍼灸に対する不安や疑問などがございましたら、気軽にご相談ください。

妊娠中のお体はとてもデリケートなので、まずは問診で現在の症状や体調、既往歴などについてお話を伺いしっかりとお体の状態を把握してから、母体にも胎児にも副作用のない安心・安全な治療を行ってまいります。鍉鍼(ていしん)と呼ばれる妊婦さん用の刺さない鍼と、棒灸という気持ちのいい温かさのお灸を用いて、患部に通じる経絡上のツボを施術することで痛みを素早く和らげてまいります。

当院では、症状を緩和させる治療にくわえて、母体の耐久力を高めてあげる鍼灸治療も行っております。この治療により、日に日に重くなるお腹や胎児の成長に伴う骨盤の変化にしっかりと耐えられる母体に改善していくことで、痛みを根本から解消することができます。妊娠中は、腰痛や股関節痛だけではなく、恥骨痛、膝痛、坐骨神経痛などの色々な痛みがありますが、はなもも鍼灸治療院の治療はどのような痛みにも効果があります。疼痛でお困りの方は、ぜひ一度、ご相談ください。QOL(生活の質)をあげ、マタニティライフをより楽しく過ごしていただけるよう責任を持って治療に努めてまいります。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. 妊娠による胎盤ホルモンの変化

  2. 妊婦さんの施術の様子

    妊婦中の便秘と下痢の改善には鍼灸治療が効果的です

  3. マタニティブルーは鍼灸治療で緩和できます

  4. お腹に知熱灸を施す様子

    つわりが緩和されて楽になる治療

  5. たった1つの受精卵が赤ちゃんに成長するまでの過程

  6. 妊娠中のトラブル対策に【妊娠初期~後期】の鍼灸ケア

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。