つわりが緩和されて楽になる治療

お腹に知熱灸を施す様子

つわりはどうして起こるの?

つわりは、妊娠5週目あたりから始まります。一般に、吐き気や嘔吐が代表的な症状ですが、この他に、食欲が低下したり、食べ物の好き嫌いがかわったり、唾液の分泌量が多くなったりします。程度に差はありますが、妊娠した人の50%~80%にみられます。つわりが起こるメカニズムはまだ解明されていませんが、一般には、妊娠したことによるからだの変化や精神面の変化が関与していると考えられています。必要以上に出産への不安があると起こりやすく、デリケートな人ほど強くなる傾向があります。反対に、のんびりしている人は、比較的軽くすむケースが多いです。また、妊娠にともなうホルモン分泌や代謝の変化なども影響します。具体的には、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やエストロゲン、プロゲステロンなどのホルモン分泌や、甲状腺ホルモン増大による代謝の変化、自律神経の失調などです。

いずれも詳しいメカニズムはまだ明らかにされていませんが、中でも比較的理解しやすいのは、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とプロゲステロンと呼ばれるホルモンの影響です。hCGは妊娠すると、形成中の胎盤から分泌されるホルモンです。妊娠10週前後をピークに分泌され、つわりの時期とほぼ重なっています(下図)。

hCGとプロゲステロンの分泌量変化のグラフ

hCGには、プロゲステロンというホルモンを分泌させる作用があります。プロゲステロンには、子宮の平滑筋と呼ばれる筋肉を緩める作用があります。これにより、胎児の成長に合わせて子宮が大きくなることが可能になります。その一方で、子宮以外の平滑筋も緩めます。たとえば、消化管(胃、小腸、大腸など)です。胃腸は、平滑筋が収縮することによって消化物を運んでいるので、もし、これが緩むと、食べた物がなかなか運ばれず胃の中に長時間残り、吐き気がしたり、嘔吐したり、げっぷが増えたり、といったことが起こります。悪心・嘔吐が顕著な方は、プロゲステロンの増加に適応できずに、胃腸が過剰に反応しているのです。

つわりを緩和して楽にする治療

つわりは特別な治療をしなくても、妊娠12週頃になると大抵の人は自然に治まりますが、それまで付き合っていかなくてはならないのは辛いものです。でも、つわりは病気ではないため、産科クリニックでは適切な対処をしてもらえず、ひたすら我慢しているという方が多いのではないでしょうか。できることなら、今すぐ解放されたいというのが多くの妊婦さんの願いだと思います。はなもも鍼灸治療院では、つわりの症状が緩和されて楽になる治療を受けて頂くことができます。

つわりの症状は人により異なるので、問診などでしっかりとお体の状態を把握した上で、一人ひとりに合った最適な治療をおこないます。たとえば、悪心・嘔吐が顕著な方は、吐き気を抑えるツボや胃の調子を整えるツボを中心に治療を行っていきます。また、よだれつわりに悩まされている方は唾液の分泌量を調節する治療を、倦怠感が強い方は体のだるさを取り除く治療などを組み合わせることで、つわりの症状を素早く鎮めていきます。

ただ、こういった一般的な治療だけでは、一時的に楽になるかもしれませんが、症状がすぐに戻ってしまうことも多いです。つわりのほとんどは、体内で起こるホルモンバランスなどの急激な変化に母体がうまく適応できないことに起因しているので、適応力を高めてあげる治療もおこなう必要があります。はなもも鍼灸治療院では、積聚治療(しゃくじゅちりょう)という治療方法を用いて、母体の精気(生命エネルギー)を活性化して適応力を高める治療を行っています。こうした治療によって、悪心や嘔吐、よだれつわりなどの辛い症状が緩和されることはもちろん、ホルモンバランスなどの急激な変化にもしっかりと適応できる母体に改善されることで、つわりが根本から楽になるという効果があります。つわりの改善例も「妊婦さんの喜びの声はこちら」。

もちろん、副作用の心配もありません。よろしければマタニティ鍼灸の安全性もご覧ください。当院では、鍼灸師国家資格を持つ妊婦さんの治療に詳しい院長が一人ずつ丁寧に対応しますので安心してご来院ください。辛いつわりでお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院までご相談ください。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. マタニティブルーは鍼灸治療で緩和できます

  2. 妊婦のお腹のツボに知熱灸を施している様子

    妊娠中の鍼灸治療の安全性について

  3. 妊娠による胎盤ホルモンの変化

  4. 逆子のツボを棒灸で温めている画像

    逆子は鍼灸で優しくもどしてあげることができます

  5. ゆがんだ骨盤が素早く戻る!産後すぐに通えて体調回復にも効果的…

  6. 妊婦さんの施術の様子

    妊婦中の便秘と下痢の改善には鍼灸治療が効果的です

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。