自律神経失調症の改善に役立つツボ!自律神経の緊張はお灸で和らげよう

労宮(ろうきゅう)にお灸を施している様子

自律神経は全身をめぐっているので、自律神経失調症の改善に役立つツボは様々なところにあります。

お腹にある天枢(てんすう)や中脘(ちゅうかん)、手にある労宮(ろうきゅう)や郄門(げきもん)、足の湧泉(ゆうせん)や首の天容(てんよう)といったツボは自律神経失調症の治療に欠かせません。これらのツボにお灸を施すと、自律神経の緊張が和らぎます。

お灸は東洋医学に基づく代替医療です。ドラックストアや通販で簡単に購入できるので、セルフケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

自律神経失調症の改善に役立つツボ

参考に、ツボのお勧め度を★の数であらわしています。

中脘(ちゅうかん) ★★★

中脘(ちゅかん)の位置を表した図

「中」は中心、「脘(かん)」は胃袋のことを意味します。2つの意味を合わせると、中脘は胃の中心にある重要なツボということをあらわしています。

ここには、内臓機能を調節する自律神経叢(じりつしんけいそう)があるので、自律神経失調症の治療によく用います。お灸を施すと自律神経の乱れが和らぎ、内臓機能の回復にも役立ちます。

ツボの見つけ方は、からだの中心線上で、おへそから指幅4本分ほど上にあります。ちょうど、みぞおちとおへその真ん中あたりです。

天枢(てんすう) ★★

天枢(てんすう)の位置を示した図

東洋医学では、おへそから上を「天」、おへそから下を「地」と呼びます。天枢はちょうどこの2つの気の交差するところにあります。「枢(すう)」はたいせつ・かなめという意味があります。つまり、天枢というツボ名は、天と地の気が交差する重要なツボ、ということを表しています。

自律神経の乱れを改善し、内臓機能の回復を手助けします。また、天枢は、毛細リンパ管が足先から太もも、腰と合流しながら集まってくる場所にあるので、体内の老廃物を排出する効果もあります。

ツボの見つけ方は、おへその両側から指幅2本分外側にあります。

労宮(ろうきゅう)★★★

自律神経(交感神経)の緊張を和らげ、イライラや緊張感を鎮める手助けをしてくれるツボです。心身のリラックスに役立ちます。

労宮は、手のひらにあります。見つけ方は、手を握ったときに、手のひらに触れる人差し指と中指との間にとります。

手を握った状態で労宮の位置を示した図
手を広げた状態で労宮の位置を示した図

郄門(げきもん)★★★

郄門(げきもん)の位置を示した図

「郄(げき)」は隙間、「門」は出入口を意味します。骨と筋肉の隙間に位置し、東洋医学で病気の原因が出入りするところを意味します。

郄門(げきもん)にお灸を施すと、自律神経の緊張が和らぎます。自律神経の高ぶりから起こる、動悸や息切れの治療に欠かないツボです。

ツボの位置は、手のひらを上にしたとき、腕の真ん中にあります。手首を曲げると中央に硬い“すじ”が出ます。そこから肘の中央まで延ばした線の真ん中が郄門です。見つけ方は、手首の曲がり目から指幅5本分くらい離れたところです。

湧泉(ゆうせん)★★

湧泉のツボの位置を示した図

湧泉という名前は、「生まれながらにして持っているエネルギーが、泉のように湧き出るツボ」ということから名付けられています。ここから湧き出たエネルギーは、経絡を通り全身をめぐるとされています。

自律神経に働きかけ、体調を整えスタミナをつけるので、自律神経失調症による倦怠感などにおすすめです。

湧泉は足の裏にあり、指を曲げるとくぼむところに位置しています。見つけ方は、親指のとなりの第2指と第3指の間のくぼみの内側にあります。

天容(てんよう)★★

天容のツボの位置を示した図

「天」は鎖骨よりも上の部分を指します。「容」は包み込む、入れるという意味を持ちます。したがって、天容は、首、頭などの病気をこの中に包み込んでしまうツボ、という意味になります。

自律神経とも関わりが深いツボで、精神的ストレスが原因の自律神経失調症には、天容(てんよう)のお灸がおすすめです。他にも、ツボ押しをすることで“こわばり”がとれて、自律神経の緊張が和らぎます。

ツボの位置は、下あごの角の後ろ、胸鎖乳突筋の前にあります。

最後に

2週間くらい経っても改善の兆しがみられない場合は、専門の鍼灸師による治療が必要かもしれません。

自律神経失調症はこじらせると厄介な病気です。このくらい大丈夫と我慢せず、近所の鍼灸院にご相談ください。

当鍼灸院へのお問い合わせは、こちらからどうぞ。

自律神経失調症の鍼灸治療については、以下のページをご覧ください。

自律神経の乱れが気になるときは、お灸の他に、腹式呼吸も役立ちます。

関連記事

  1. お腹に手を当て腹診をおこなっている様子の画像

    東洋医学に基づく鍼灸治療の診断法|四診とは

  2. 腰にお灸を施している図

    更年期障害の緩和に役立つお灸のツボ

  3. 東洋医学と西洋医学の違い、メリット・デメリット

  4. 鍼灸をうけた後にあらわれる反応

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。