妊婦

妊婦の腰痛・股関節痛・恥骨痛

充実したマタニティライフのために

みなさんのからだに備わっている自己治癒力を活性化し、痛みを緩和していくのが、はなもも鍼灸治療院の基本的な考え方です。悩ましい痛みが早くおさまるよう、一人ひとりきめ細やかにサポートいたします。

一般には、姿勢や骨盤の変化が腰や股関節、恥骨などの痛みの原因とされていますが、当鍼灸院では、もう一歩踏み込んで考えています。
確かに、妊娠中期をすぎてお腹が大きくなってくると、姿勢が反り気味になったり、ホルモンの作用で骨盤が形を変えたりして、それまでなかった負担が腰や股関節などにかかるようになります。でも、これは、妊婦さんならだれにでも起きることです。もし、これが原因ならば、妊娠するとみなさん腰痛や股関節痛などに悩まされることになります。でも、実際は、痛くならない妊婦さんは沢山います。ということは、他にも何か原因があるとみています。

女性のからだには、本来、妊娠にともなって起きるからだの変化に対応できるよう、自己治癒力が備わっていると考えています。普段、痛みに悩まされないのは、自己治癒力がしっかりと働いて、負担がかかった部分を日々修復しているからです。でも、何らかの理由でその働きが低下してしまうと、修復しきれなくなり、痛みがあらわれると考えています。
妊娠は、女性にとって一生の大仕事です。新しい命を育むために、お母さんはこれまで以上に精気(エネルギー)を使います。その上さらに、家庭や仕事のことで無理が重なり、精気を余計に消耗するようなことがあると、自己治癒力はだんだん低下してきます。すると、からだの変化に対応しきれなくなり、腰や股関節、恥骨に痛みがあらわれるとみています。
そこで当鍼灸院では、「精気を補い、自己治癒力を活性化して、痛みを緩和する」という鍼灸を行っています。早く快適なマタニティライフをおくれるよう、一人ひとり丁寧にサポートさせていただきます。
腰痛や股関節痛、恥骨痛などでお困りの妊婦さんは、ぜひ一度、ご相談ください。


【参考:妊娠にともなう骨盤の変化とは】
妊娠すると、「リラキシン」と呼ばれるホルモンの作用で骨盤は変化します。
ここで言う変化とは、骨自体が形を変えるわけではありません。図のように、左右の寛骨をつなげている恥骨結合(ちこつけつごう)や、仙骨と寛骨をつなげている仙腸関節(せんちょうかんせつ)の靭帯(じんたい)が、リラキシンの作用で緩むことで、赤ちゃんの成長に合わせて骨盤が形を変えるわけです。
<参考文献:解剖学 医歯薬出版株式会社>