妊婦

妊婦の腰痛・股関節痛・恥骨痛

腰・股関節・恥骨の痛みを鎮める

お体の抵抗力を回復して、辛い痛みを和らげます。疼痛が一日も早く鎮まるよう、一人ひとりきめ細やかに施術いたします。

妊娠中期を過ぎてお腹が大きくなってくると、姿勢が反り気味になったり、ホルモンの作用で骨盤が変化したりするため、腰や股関節、恥骨などに痛みがあらわれる、というのが1つの捉え方です。
本鍼灸院では、もう少し掘り下げ、「精気(せいき)を消耗すると抵抗力が弱まり、その結果、負荷に耐えられなくなり痛みが起きる」と考えています。
ここで精気とは、当院で取り入れている積聚治療(しゃくじゅちりょう)で用いる言葉で、生命力や生命エネルギーといった意味を持ちます。

本来、女性のからだには、妊娠にともなって発生する様々な負荷に耐えられるよう、抵抗力が備わっていると考えています。この抵抗力とは、筋力や柔軟性の強さを指します。お腹が大きくなっても、あるいは、骨盤が変化しても、腰痛などに悩まされない妊婦さんは、抵抗力の強い人と言えます。

でも妊娠は、人生の大仕事と言われるくらい、女性にとってとてもハードなものです。新しい命を育むために、これまで以上に精気(生命エネルギー)を使わなければなりません。その上さらに、仕事や家事などで無理が重なり、精気を余計に消耗するようなことがあると、体全体が疲れて抵抗力、つまり、筋力や柔軟性は徐々に低下してきます。精気をいつも以上に消耗している中で、お腹がどんどん大きくなり骨盤も変化してくると、その負荷にだんだん耐えられなくなり、やがて腰や股関節、恥骨などに痛みがあらわれるわけです。

痛みの理由は様々で、足腰を支えている筋肉や靭帯のトラブルが多いと考えられます。中には柔軟性を失い固くなった筋肉が神経を圧迫して、坐骨神経痛などを発症する人もいます。
痛みの理由はなんであれ、根本的な原因は精気の消耗と考えています。

精気の消耗に起因する“痛み”の対処方法は、保温と安静が基本です。
冷やしたり、患部を強くもんだりしないように気をつけてください。
からだをこれ以上疲れさせないことも大事です。できる限り安静を心がけて下さい。
冷たい物や甘い物も摂り過ぎないように注意してください。
もし、外傷が疑われる場合や、激しい痛みが続く場合は、一度、病院でみてもらいましょう。

【痛みの鍼灸治療】
お腹が大きくなるにつれて骨盤周りに痛みがあらわるということは、簡単に言えば、体が疲れて抵抗力が低下しているということです。外傷などでない限り、体の疲れが原因であらわれる症状の1つと捉えます。

そこでまず、積聚治療(しゃくじゅちりょう)で精気を補う施術を行います。疲れを癒して抵抗力を高め、からだの回復を促します。さらに、患部の経絡上のツボに鍼とお灸を優しく施し、痛みを和らげていきます。
「抵抗力を回復する鍼灸」と「痛みを和らげる鍼灸」、この2つの施術で辛い痛みを鎮め、根本的な解決を目指します。

快適なマタニティライフをおくれるよう、一人ひとり丁寧にサポートさせていただきます。どうぞ気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せ
 
 

【参考:妊娠にともなう骨盤の変化】
妊娠すると、「リラキシン」と呼ばれるホルモンの作用で骨盤は変化します。
ここで言う変化とは、骨自体が形を変えるわけではありません。図のように、左右の寛骨をつなげている恥骨結合(ちこつけつごう)や、仙骨と寛骨をつなげている仙腸関節(せんちょうかんせつ)の靭帯(じんたい)が、リラキシンの作用で緩むことで、赤ちゃんの成長に合わせて骨盤が形を変えるわけです。


<参考文献>
解剖学 医歯薬出版株式会社

<妊娠コラム>
妊娠「安定期」の知っておきたいこと
妊娠による胎盤ホルモンの変化
たった1つの受精卵が赤ちゃんに成長するまでの過程