慢性症状

腱鞘炎(けんしょうえん)

腱鞘炎を和らげるために

お体の回復力を促進して、腱鞘炎をすみやかに鎮めます。仕事や家事、育児などで、手首や指が痛む方は、ぜひ一度、ご相談ください。

腱鞘炎は手を使いすぎると発症する、というのが1つの見方です。当鍼灸院ではもう一歩踏み込んで、「精気(せいき)を消耗すると、手の使用頻度の増加に腱鞘が耐えられなくなり、炎症が起きる」とみています。ここで、精気とは、当鍼灸院で取り入れている積聚治療で使われる言葉で、「生命エネルギー」みたいなものを指します。

よく赤ちゃんのお世話で腱鞘炎になるお母さんがいます。女性にとって、妊娠・出産・育児はとてもハードなものです。妊娠すると、お母さんのからだに蓄えられていたエネルギーは、お腹の赤ちゃんの発育に使われます。出産では、膨大な精気を消費します。産後は、夜中も起きて赤ちゃんに哺乳しなければなりません。精気をいつも以上に消耗している中で、手を使う機会が増えると、やがてその使用頻度に腱鞘が耐えられなくなり、腱鞘炎が起きるということです。仕事などで無理を続いているときも同様です。状況は何であれ、精気の消耗が腱鞘炎の根本原因であると考えています。

そこで、まずは精気(せいき)を補う鍼灸治療を行います。からだ全体の力を高めて、摩擦で傷んだ腱鞘の回復を促します。さらに、腱鞘炎のツボに鍼とお灸を優しく施して、痛みを和らげていきます。
「回復力を促進する鍼灸」と「痛みを和らげる鍼灸」、この2種類の施術で腱鞘炎を鎮めていきます。手首や指の痛みでお困りの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

【参考:腱鞘炎について】
腱鞘炎とは、字のごとく「腱鞘」という組織が炎症を起こすことです。腱(けん)は、筋肉と骨を結びつけている紐状のとても丈夫な組織です。これは、関節や筋肉の運動と連動して動くため、むき出しのままでは周りの組織と擦れ合ってしまいます。そこで、腱鞘(けんしょう)と呼ばれる筒状のものが、腱を覆い保護しています。
腱鞘は手首や指にあり、通常は、手の動きに連動して腱鞘の中を腱が滑らかに動きます。ところが、手を酷使すると腱鞘の滑りがだんだん悪くなり、腱との摩擦で炎症が起こることがあります。これが腱鞘炎です。
また、妊娠中や産後はホルモンバランスが大きく変わり、その影響で腱鞘が狭くなると、腱との摩擦が増えて腱鞘炎になりやすくなる、という説もあります。

・ドケルバン病
ドケルバン病は手首の腱鞘炎で、妊娠後期や出産直前の女性に比較的多くみられます。手首の親指側にある腱鞘で炎症が起こり、手の指、とくに親指を使う時に痛みが出ます。
フィンケルシュタインテストと言って、親指を他の4本の指で覆うように握った状態で手首を曲げると、痛みが誘発されます。このテストは、ドケルバン病の確認によく用いられます。

・ばね指
指の腱鞘で炎症が起こると、ばね指になることがあります。指を曲げたり伸ばしたりするときに、付け根にある腱鞘のところで腱がひっかかるために、指が曲がったまま伸びなくなります。力を入れるとカックンという感覚とともに急に指が伸びるので、ばね指と呼ばれています。

慢性症状

  1. 慢性化した痛みとコリ

    慢性化した痛みとコリ

    首・肩・腰などの痛みや凝りから早く解放されるよう、東洋医学に基づく鍼灸でサポートいたします。交通事故などの後遺症、長引く不快感もぜひ一度、ご相談ください。

  2. 50肩

    50肩

    50肩の特効穴(よく効くとされるツボ)を使った「対症療法的な鍼灸」と、根本原因を解消する「根治療法的な鍼灸」で、50肩からの早期脱却を目指します。詳しくはこちらをご覧ください。

  3. 頸肩腕症候群

    頸肩腕症候群

    痛み・凝り・痺れの元を特定し、頚肩腕症候群の本質的な解決を図ります。

  4. 腱鞘炎(けんしょうえん)

    腱鞘炎(けんしょうえん)

    回復力を高めて、すみやかに腱鞘炎を鎮めます。詳しくはこちらをご覧ください。

  5. ぎっくり腰

    ぎっくり腰

    腰部に蓄積した疲労を回復、激しい痛みをいち早く和らげます。

  6. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛

    坐骨神経の通り道にある障害を取り除き、締めつけられるような痛みを緩和します。

  7. 頚椎捻挫(むちうち症)

    頚椎捻挫(むちうち症)

    本来の治癒力を取り戻し、根本的な解決を図ります。

  8. 寝違え

    寝違え

    気血の詰まりを丁寧に取り除き、寝違えの痛みをすみやかに緩和します。

  9. うつ

    うつ

    一日でも早く、はつらつとした自分に戻れるよう、鍼灸でお手伝いさせていただきます。

  10. パニック障害

    パニック障害

    色々試したけれども、なかなかよくならないとお悩みの方、鍼灸による代替医療をぜひ一度お試しください。

  11. 神経症

    神経症

    心身の疲れをとり、心の症状が起こりやすい体質の改善をはかります。

  12. 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎

    一日でも早くを潰瘍性大腸炎が治まるよう、根本療法的な鍼灸を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

  13. クローン病

    クローン病

    東洋医学に基づく鍼灸で、クローン病を克服へと導きます。詳しくはこちらをご覧ください。