妊活・不妊

原因不明不妊

本来の妊娠力を発揮する

「どこも悪くないのに、どうして妊娠できないの?」「このままで本当に妊娠できるの?」。あなた本来の妊娠力が発揮できれば、きっと可愛い赤ちゃんとめぐり逢えるはず。不安な気持ちに寄り添い、しっかりサポートいたします。

一般に、病院の不妊治療は、妊娠を妨げている疾患を、検査で見つけることからはじまります。原因を突き止められれば、妊娠に向けてその対策が検討されます。でも、原因が見つからないことがあります。これを原因不明不妊(機能性不妊)といい、不妊に悩むカップルの約10~35%が該当します。割合に開きがあるのは、施設によって検査内容に差があるためです。
原因不明不妊は、「原因がない」のではなく、「検査でははっきりとした原因はみつからなかった」、「数値や画像にこれといった異常は見当たらなかった」ということです。つまり、まだ、「数値や画像にあらわれないものがある」、「検査ではみつけられない原因がある」ということです。
そもそも、人のからだは機械とは違います。体調が良い日もあれば、なんとなく調子が悪いと感じる日もあります。暮らしている環境や人との関わり合い、食生活などの影響を受けながら、からだは日々変化しています。だから、機械の故障のように数値にあらわれないものがあるのだと思います。

では原因不明不妊の場合、「数値や画像にあらわせないもの」とはなんでしょうか?
それは、そのヒトの身体に備わっている妊娠力と考えています。
ただ単にホルモンや栄養素が足りていれば、卵子が育って排卵が起こり、受精卵が着床して妊娠するわけではありません。もし、そうであるなら、原因不明不妊はなくなり、妊娠率はもっと高くなることでしょう。なぜなら、不足分をホルモン剤やサプリメントで補充すればいいわけですから。
でも実際は、そう単純ではないとみなさんも感じていると思います。
新しい生命が宿る妊娠のプロセスはとても複雑なもので、いまだに妊娠の全貌は明らかになっていません。その複雑なプロセスを一歩一歩着実に進める力が、皆さんのからだに備わっている妊娠力です。
原因不明不妊は、この妊娠力が低下している状態と考えています。見た目は健康(検査結果は異常なし)でも、妊娠する力が少しだけ弱っているのです。

東洋医学で「冷えは万病のもと」というように、妊娠力が低下してしまうそもそもの原因も「冷え」にあると考えています。妊活の基本方針を「温かいからだ作り」にしている理由は、実はここにもあります。
鍼灸でホカホカのからだになって、あなた本来の妊娠力を発揮しましょう。