男性不妊は鍼灸治療で改善できます

不妊の半分は男性側にも問題があるとされています。また、病院で検査を受けても男女両方とも異常はないのに、妊娠しないケースも少なくありません。このような場合、男性側も鍼灸でからだを整えていくと改善することができます。

男性の不妊治療の現状

国内では6組に1組のカップルが不妊に悩み、約50万人がなんらかの不妊治療を受けています。世界保険機構(WHO)によると、不妊の原因のほぼ半分は男性側にもありますが、治療を受けている人は女性に比べて少ないのが現状です。

男性に理解が広がらないのはなぜでしょう。それは、「不妊の原因は女性」という思い込みがあるからではないでしょうか。繰り返しになりますが、不妊の半分は男性側にも何らかの問題があることが明らかになっています。正常な精子が全く見当たらない「無精子症」でさえ、100人に1人はいます。男性不妊は身近な問題です。

「自分は違う」と信じている方や、結果が不安で、病院に行きたがらない人も多いのかもしれません。もちろん、検査を受けて異常なしの人はいます。男女両方とも異常はないのに、妊娠しないケースは沢山あります。当院でも機能性不妊(原因不明不妊)が不妊理由の中で最も多いです。この場合、鍼灸治療でお体を整えていくことが効果的です。でも、治療を受けに訪れるのは圧倒的に女性です。

妊娠は高齢になるほど難しくなります。そうならないうちに、男性も早めに妊活に取り組みましょう。

生殖力を整え、男性不妊を改善する治療

男性不妊の90%以上は精子をつくる機能に問題がある、造精機能障害であることがわかっています。造精機能障害とは、精子の形成や成熟ができないことです。しかし、その約60%は、なぜ精子に異常が発生しているのか、病院でも原因がわからないものです。

また、男性が最も歯がゆいのは性機能障害です。性機能障害は男性不妊の中では、自分でもはっきりと認識できる症状です。これには、自律神経の疲れから起こる勃起不全(ED)が多く含まれます。

自律神経が原因の男性不妊や原因がはっきりしない機能性不妊には、鍼灸治療が効果的です。その人の生命力を充実させることで改善していくことができます。

はなもも鍼灸治療院では、積聚治療(しゃくじゅちりょう)という治療法を用いて、生命力を高めて、生殖力を奮い起こす治療を行っています。こうした治療によって、精巣機能が蘇り、元気な精子が作られるようになるだけではなく、EDの回復にも繋がります。

男性も一緒に妊活に取り組めば、きっと可愛い赤ちゃんに恵まれます。ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

関連記事

  1. 男性不妊と自律神経の関係

  2. 妊活と日光浴

  3. 自律神経の乱れと不妊の関係

  4. 不妊に鍼灸は効果がある?どのくらいの頻度で通うと良い?

  5. 手首に指を添えて脈診をしている画像

    機能性不妊の原因を特定して治療する鍼灸治療

  6. お腹を棒灸で温めている様子

    人工授精、タイミング法に効果的な周期治療

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。