頸肩腕症候群を本質的に解消する治療

肩に鍼治療を施している様子

頸肩腕症候群とは?

頸肩腕候群とは、首から肩、肩甲骨、腕、指にかけて起こるしびれや痛み、だるさや脱力感といった症状の総称です。レントゲンやMRIをとっても異常はみつからず、椎間板ヘルニア、変形性頚椎症、五十肩などといった首や肩の病気が否定される場合につけられる疾患名です。

頸肩腕症候群のよくある原因と症状

主な発症原因は「首・肩・腕の筋肉疲労の蓄積」です。多くは、姿勢の不良や、同じ姿勢で長時間行う作業により、首や肩、腕の筋肉が疲労することでおこります。近頃は、スマートフォンやパソコンを長時間使い続ける人に増えています。

筋肉に疲れがたまり、柔軟性が失われることで、コリや痛みを発症します。また、固まった筋肉が周辺の神経や血管を圧迫することで、痺れや痛みを誘発します。悪化すると、首から腕にかけてのこわばりや痛みがとれず、そのうちに頭痛、めまい、目のかすみなどを引き起こすこともあります。

頸肩腕症候群の対処方法

基本的な対処方法は、軽い体操と保温です。パソコンなど、同じ姿勢で長時間作業する場合は、できるだけ途中に休憩をとり、簡単な体操で筋肉の疲れをほぐすことが大切です。同じ作業を長時間続けないように工夫することで、ある程度悪化は防げます。また、普段から姿勢にも注意してください。デスクワークの場合は、椅子の高さにも気をつけましょう。

からだを冷やすと血管が収縮して血流が悪くなり、コリや痛みの悪化につながります。冬はマフラーなどを利用して首を冷やさないようにしましょう。ホカロンなどで患部を温め、血流を促すのも1つの方法です。

頸肩腕症候群を本質的に解消する治療

頸肩腕症候群で辛いのは、あの重だるいコリや痛み、痺れです。酷くなると夜眠れないといった人も。貼り薬やセルフケアで改善できればいいのですが、筋肉疲労が関与しているため、楽になったと思ってもすぐ戻ってしまうという人も多いのではないでしょうか。こうした頸肩腕症候群には、鍼灸治療が効果的です。

はなもも鍼灸治療院では、頸肩腕症候群の治療に詳しい鍼灸師国家資格を持つ専門家による治療を受けていただくことができます。主に、整形外科や治療院に通ったけれどもなかなか良くならないという方や、慢性化して頭痛めまいがするという方が来院されています。

頸肩腕症候群は疲労の蓄積、つまり、冷えに起因しているので、一般に行われている患部への局所治療だけでは本質的な改善は難しいです。病院では治療してもらえない「冷え」を治療することで改善することができます。はなもも鍼灸治療院では、積聚治療(しゃくじゅちりょう)という治療法を用いて冷えを解消し、蓄積した筋肉疲労を回復する根本療法的な治療をおこなっています。また、痛みや痺れの元になるコリ固まった筋肉を特定して、鍼とお灸で丁寧にほぐしていきます。こういった治療によって、辛い症状が早く解消されることはもちろん、頸肩腕症候群を本質的に改善することができるという効果があります。

どこに行ってもよくならないとお悩みの方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. 夜泣きは小児鍼で軽減できます

  2. 棒灸を使った施術の様子

    気象病は鍼灸治療で改善できます

  3. お腹のツボに知熱灸を行っている様子

    潰瘍性大腸炎の鍼灸治療について

  4. 肩の鍼施術の様子

    50肩の改善には鍼灸治療が効果的です

  5. 腰に4つの知熱灸を施している様子

    胃十二指腸潰瘍を根本的に改善する治療

  6. 脊柱の棘突起間にお灸を施す様子

    過敏性腸症候群と便通を改善する治療

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。