慢性症状

坐骨神経痛

坐骨神経痛の鍼灸

「何もしていないのに腰から足にかけてしびれを感じる」、「からだを曲げたときに痛みが走る」、「膝を伸ばしたまま足を上げると太ももの後ろに痛みがひびく」といった場合、坐骨神経痛が疑われます。

坐骨神経は、腰から足先までをめぐる長い神経です(下図)。
痛み・痺れ(しびれ)があらわれる場所は、腰、お尻、股関節、太ももの裏側、ふくらはぎ、すね、足などで、神経の通り道のどこで障害が起きているかによります。
ひどくなると筋力の低下や足の皮膚の感覚まひなどをともなうことがあります。

;坐骨神経の下半身のめぐりを表した図

坐骨神経痛の主な発症原因としては、「固くなった筋肉による神経の圧迫」が考えられます。
同じ姿勢を取り続けることや同じ作業を繰り返すことは、特定の筋肉に負荷がかかるものです。いつものことで慣れていると思っていても、気づかないうちに疲労は蓄積します。
疲れがたまり柔軟性を失うと、筋肉は固くなってきます。
特に、梨状筋と呼ばれるお尻の筋肉が固くなると、その隙間を通っている坐骨神経が圧迫されることで痛みを生じます(下図)。
梨状筋の間を坐骨神経が通る図
坐骨神経痛は妊婦にも時々みられます。
お腹の赤ちゃんが大きくなってくると、どうしても腰を反る姿勢になります。この姿勢を続けていると、腰部で坐骨神経が圧迫されて痛みが誘発されやすくなります。また、大きくなったお腹を支えるために周辺の筋肉が緊張すると、そのすぐそばを通る坐骨神経が刺激されて痺れがあらわれます。

坐骨神経痛を発症したときは、安静と保温が基本です。患部を強くもんで傷ついた神経を刺激しないようにくれぐれも気をつけてください。
軽いストレッチもありますが、神経が損傷している場合はやりすぎると悪影響を及ぼすことも。
もし、痛みが強いときは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症などの病気がもとになっていることも考えられるので、一度病院でみてもらいましょう。

【坐骨神経痛の鍼灸】
坐骨神経痛で辛いのは、あの締めつけられるような疼痛と痺れです。歩くことや椅子から立ち上がることが困難になる人もいます。痛みで眠れない、という人も。
まずは、痛みと痺れを和らげる施術を行います。坐骨神経を刺激している筋肉を特定し、鍼とお灸で優しく緩めます。
たとえ障害を取り除いたとしても、神経が損傷したままではまだ治ったとはいえません。坐骨神経痛のそもそもの原因は疲労の蓄積です。積聚治療で溜まった疲れをとり、自然治癒力による神経の回復を図ります。

神経の通り道にある障害を取り除き、傷ついた神経の修復に努めることで、坐骨神経痛の根本的な解決を目指しています。
どうぞ気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せ

慢性症状

  1. 慢性化した痛みとコリ

    慢性化した痛みとコリ

    首・肩・腰などの痛みや凝りから早く解放されるよう、東洋医学に基づく鍼灸でサポートいたします。交通事故などの後遺症、長引く不快感もぜひ一度、ご相談ください。

  2. 50肩

    50肩

    50肩の特効穴(よく効くとされるツボ)を使った「対症療法的な鍼灸」と、根本原因を解消する「根治療法的な鍼灸」で、50肩からの早期脱却を目指します。詳しくはこちらをご覧ください。

  3. 腱鞘炎(けんしょうえん)

    腱鞘炎(けんしょうえん)

    回復力を高めて、すみやかに腱鞘炎を鎮めます。詳しくはこちらをご覧ください。

  4. ぎっくり腰

    ぎっくり腰

    腰部に蓄積した疲労を回復、激しい痛みをいち早く和らげます。

  5. 坐骨神経痛

    坐骨神経痛

    坐骨神経の通り道にある障害を取り除き、締めつけられるような痛みを緩和します。

  6. うつ

    うつ

    一日でも早く、はつらつとした自分に戻れるよう、鍼灸でお手伝いさせていただきます。

  7. パニック障害

    パニック障害

    色々試したけれども、なかなかよくならないとお悩みの方、鍼灸による代替医療をぜひ一度お試しください。

  8. 神経症

    神経症

    心身の疲れをとり、心の症状が起こりやすい体質の改善をはかります。

  9. 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎

    一日でも早くを潰瘍性大腸炎が治まるよう、根本療法的な鍼灸を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

  10. クローン病

    クローン病

    東洋医学に基づく鍼灸で、クローン病を克服へと導きます。詳しくはこちらをご覧ください。