50肩の改善には鍼灸治療が効果的です

肩の鍼施術の様子

服を着替えるだけでも肩が痛い。夜中、痛みで目覚める。そんな50肩の治療には鍼灸が効果的です。

50肩とは?

50肩は、正式には肩関節周囲炎といいます。50歳代を中心に、40歳代後半~60歳代前半の人に多く見られることから50肩と呼ばれています。

50肩の症状

50肩になると肩関節周りの痛みと肩関節の拘縮(こうしゅく)が起こります。初めは肩を動かすと何となく痛い程度だったのに、日に日に痛みが強くなり、動かせる範囲が狭くなってきます。これを関節拘縮といいます。

酷くなると、服を着る動作や、洗濯物を干す動作などでも、強い痛みを感じるようになります。電車のつり輪につかまれなかったり、就寝中、寝返りをすると痛みで目覚めたりと、日常生活に支障があらわれます。痛みは寒さで増し、夜間に強くなる傾向があります。肩周囲だけではなく、腕や肘まで広がることがあります。特に、手を頭の後ろにもってくる動作や、手を背中側に回す動作で強い痛みを感じます。

50肩で肩が赤く腫れたり、熱を持ったりということは稀です。もしそのようなことがあり激しい痛みを伴う場合は、石灰沈着性腱板炎の可能性があります。また、50肩は比較的早い段階で拘縮が現れます。拘縮がない場合は、腱板断裂や上腕二頭筋長頭腱障害が疑われます。

50肩の原因

発症のメカニズムは不明ですが、加齢による老化と慢性的な炎症が、肩関節周りの組織や筋肉、関節包、腱板などの広い範囲に及び、痛みと癒着が起こることで肩関節の拘縮がはじまります。

一般に、「緊張期→拘縮期→回復期」という経過をたどります。不思議なことに何も治療を施さなくても、1~2年で自然に回復しますが、長期間に渡って日常生活に支障がでます。また、回復後、反対側の肩に再発することも珍しくありません。

50肩に効果的な治療

50肩は1~2年で自然に回復するとはいうものの、長い間、痛みに耐え続けるのは辛いことです。貼り薬やセルフケアで軽減できればいいのですが、なかなか効果があらわれないという方も多いのではないでしょうか。できることなら早く痛みから解放されたいというのが多くの方の願いだと思います。はなもも鍼灸治療院では、鍼灸師国家資格を持つ専門家による50肩の治療を受けていただくことができます。病院や治療院に通っているけれども痛みがほとんど変わらないという方や、発症から半年以上経つけれども回復の兆しがみえないという方たちが来院されています。

はなもも鍼灸治療院では、積聚治療(しゃくじゅちりょう)という治療法を用いて自己治癒力を高めることで50肩の回復を早めます。また、肩や腕のツボに治療を行うことで動作痛や夜間痛を和らげます。こうした治療によって、50肩の症状が緩和されることはもちろん、回復期までの経過が早くなるという効果があります。

50肩のような難治性疾患の治療は当院の得意分野の1つです。50肩は早く治療を始めるほど回復が早いです。「もしかして、50肩かも」と思ったら、一人で何とかしようとせず、はなもも鍼灸治療院にお問い合わせください。特に、症状が1か月以上続いている方、過去に50肩を患ったことのある方は我慢せず早めにご相談ください。

ご予約・お問合せ

関連記事

  1. 腰のツボに鍼で刺激をしている様子

    イライラを根本的に改善し、心穏やかな毎日を送ることができる治…

  2. みかんの皮の簡単活用法!乾燥させてお風呂に浮かべるだけ

  3. 悩んでいる子供

    子どもの夜尿症(おねしょ)を改善する小児鍼灸治療

  4. お灸の様子

    自律神経失調症は鍼灸で改善できます

  5. 腰に4つの知熱灸を施している様子

    胃十二指腸潰瘍を根本的に改善する治療

  6. お腹のツボに知熱灸を行っている様子

    潰瘍性大腸炎の鍼灸治療について

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。