胚移植の1~3日前に受けると効果的な着床鍼灸

着床鍼灸治療の様子

胚移植日を目前に控え、「うまく着床してくれるかな」「また着床しないかも」と不安になっていませんか。「少しでも可能性を上げるために、できることはやっておきたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。
はなもも鍼灸治療院では着床鍼灸という治療を行っています。胚移植日の1~3日前に受けていただくと、着床率を上げるのに効果的です。

胚移植の1~3日前に受けると効果的な治療

着床は、移植された胚と子宮内膜との「接着」からはじまります。この過程では、「接着分子」と呼ばれる様々な物質が働いていることがわかっています。

接着分子は胚からだけではなく、子宮内膜からも分泌されます。双方から発現した接着分子が互いに影響を及ぼし合うことで着床が進みます。

このため一方の接着分子が不足しただけでも、着床が阻害されることになります。もし、グレードの良い良好胚を子宮に戻しても妊娠しない場合、子宮内膜から接着分子が正常に分泌されていないと考える必要があります。

着床鍼灸は、胚移植の1~3日前に受けると効果的です。治療により副交感神経が優位になることで子宮動脈の血流速度が改善され、子宮内膜への血流量が増加します。その結果、内膜機能が活性化し、接着分子が正常に分泌され、着床が進みやすくなるという効果が生まれます。また、子宮筋層内の抹消血管抵抗が下がるので、超早期流産の原因になる血栓を予防するというメリットもあります。

着床鍼灸をご希望の方は、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院へご相談ください。

 

体外受精のプロセスに沿った治療を希望される方は、こちらをご覧ください。

 

着床障害の治療を希望される方は、こちらをご覧ください。

関連記事

  1. お腹を鍼で施術をする様子

    ピックアップ障害に効果的な鍼灸治療

  2. 卵胞と卵子の成長と受精卵ができるまでの過程

  3. 自律神経の乱れと不妊の関係

  4. 妊活におすすめのお灸のツボ

  5. 背中に鍼を施す様子

    体外受精、顕微授精の治療プロセスに合わせた不妊鍼灸治療

  6. 男性不妊は鍼灸治療で改善できます

おすすめの記事

院長の写真
著者プロフィール 磯部律元

2013年「はなもも鍼灸治療院」を開設。東洋医学に精通し鍼灸師として数多くの施術を手掛ける。同時に、生理学、解剖学、病理学などを学び、人体のしくみについて造詣を深める。
妊活、妊婦の施術を得意とし、自律神経の乱れや慢性化した痛みなどにも幅広く対応している。のべ1万人以上の施術実績を持つ。
根本治療的な鍼灸とここちの良い施術を追求しつづけている。