子宝妊活

AIH、IVF-ETに合わせた鍼灸治療について

病院の不妊治療に合わせて行う鍼灸治療

はなもも鍼灸治療院では、不妊治療(人工授精・体外受精・顕微授精)と鍼灸治療の併用を希望する方に向けて、病院の治療プロセスにあわせた施術も行っています。お身体の状態を各プロセスに適したベストな状態に導き、その結果として、不妊治療の成功につなげていただきたいと思っています。

<目次>
1.人工授精前・体外受精前の鍼灸
2.人工授精後・胚移植後の着床鍼灸
3.着床後の鍼灸治療
4.施術を受けるタイミング

1.人工授精前・体外受精前の鍼灸
人工授精の実施日、あるいは、採卵日、移植日までに、積聚治療(しゃくじゅちりょう)を用いた子宝鍼灸を受けて頂くことでお身体の調子を整えていきます。患者様一人ひとりが持っている“授かる力”を最大限に引き出すことに主眼を置いた鍼灸治療です。具体的には、
・生命力に満ちた卵子の発育につなげる
・細胞の若返りをはかる
・柔軟で厚みのある子宮内膜の成長を促す
・温かい子宮環境を準備する

*人工授精や採卵・移植の日が近づくと、どうしても緊張してしまう患者様が少なからずいらっしゃいます。ストレスはめぐりを悪くして生命力を弱め、卵巣と子宮の状態に影響をおよぼすと考えます。鍼灸で緊張を緩めて骨盤内の血流量を増やし、妊娠に必要な女性ホルモンと栄養素がしっかりと卵巣、子宮に届けられる状態に仕上げていきます。
特に、実施日の前後は施術を受けて頂けると効果的です。

2.人工授精後・胚移植後の着床鍼灸
受精卵(胚盤胞)が少しでも着床しやすいように、この時期の鍼灸治療は子宮内環境のベースアップに焦点を置きます。
・子宮に気血をめぐらせ新鮮な血液を送り届ける
・温かい子宮を維持する
・精気を補い、新しい命を“育む力”を養う

*グレードのいい胚を移植しても着床しないなど、着床不全の不安を抱えている方はこちらもご参照ください。
「着床不全と冷えと鍼灸」

3.着床後の鍼灸治療
無事着床した後は、引き続き“育む力”を加速します。このステージの目標は、流産の予防と妊娠の継続です。
受精卵の遺伝子異常など、どうしても避けられない流産もありますが、冷え、ストレス、血虚(血の不足)、気虚(気の不足)などによる2次的な流産は、鍼灸治療で予防することができると考えています。
実際、積聚治療を受けていただいた方々は、高い確率で妊娠を継続し出産をむかえられております。こちらもあわせてご覧ください。
「患者様のレビュー」

積聚治療は、日本で生まれた鍼灸流派の1つです。日本人の特性に合ったソフトタッチの施術を実践しています。優しい刺激で生命力にアプローチする鍼灸治療です。

*人工授精、体外受精と鍼治療を組み合わせる効果は、世界各国で研究が行われ実証されています。詳しい内容は、こちらのページに記載しております。
「妊活に効果的な鍼灸の受け方」

4.施術をうけるタイミング
病院の治療ステージ、お身体の状態、年齢など、一人ひとりの状況に応じて施術しますので、どのタイミングからでも受けていただけます。
AIHの前後、採卵・移植のタイミングに合わせて、病院の不妊治療に通いながら定期的になど、一人ひとりのご希望やご都合に合わせて対応させていただきます。疑問点などございましたらお気軽にご相談ください。ベストな方法を一緒に考えさせていただきます。
不妊治療でお悩みの方は、是非一度、ご相談ください。


<子宝コラム>
妊活におすすめの栄養素と食事のとり方3つのポイント
妊活におすすめのお灸のツボ
男性不妊と自律神経の関係

ご予約・お問合せ