妊婦

赤ちゃんの健やかな成長と安産

お腹の赤ちゃんと一緒に安産を迎えるために

お母さんと赤ちゃんが健康で無事出産できることを「安産」といいます。無事に安産を迎えられるよう、お母さんの健康と赤ちゃんの健やかな成長をサポートさせていただきます。

〇妊娠初期(0週~15週)
妊娠初期は胎盤が作られるとても大切な時期です。流産の90~95%はこの頃に起こります。第四月(12~15週)には胎盤が完成して流産の心配は少なくなります。また、この時期は赤ちゃんの脳や骨、内臓など大切な部分が作られていくので、お母さんの健康がとても大切です。

妊娠初期の鍼灸ケアは、流産を予防する安胎(あんたい)、そして、つわりなどを軽減してお母さんの体調を整えること、この2つが中心になります。
*「安胎(あんたい)」とは東洋医学の用語で、「流産や早産を予防する」ことを言います。

〇妊娠中期(16週~27週)
胎盤が完成して、赤ちゃんとお母さんのからだは安定してくる時期です。
赤ちゃんは胎盤を通して、酸素や栄養をぐんぐん吸収していきます。内臓はそれぞれの位置に定まり、筋肉もつきはじめて、骨格がしっかりしてきます。
一般に安定期と言われていますが、早産は全妊婦さんの約5%に起こります。心配しすぎる必要はありませんが、無理をしないように心がけましょう。

妊娠中期の鍼灸ケアは、赤ちゃんに十分な血液(酸素と栄養)が届くように、骨盤内の血行を促進します。赤ちゃんの健やかな発育と早産予防に効果的です。

〇妊娠後期(28週~39週)
お腹の中の赤ちゃんはめざましい成長をとげます。この時期はお腹が大きくなるので、妊婦さんによっては腰や股関節などに痛みが出たり、お腹が張ったり、便秘・下痢などに悩まされることがあります。赤ちゃんが上を向いていると、病院で逆子と言われるのもこの時期です。

妊娠後期の鍼灸ケアは、気血のめぐりを良くして治癒力を高め、悩ましい症状を予防します。
出産に向けてお母さんのからだを整え、赤ちゃんの発育をサポートします。気血のめぐりがいいと、安産になりやすく、産後の回復もスムーズです。

はなもも鍼灸治療院は、赤ちゃんと一緒に安産を迎えられるよう、お手伝いさせていただきます。ご希望の妊婦さんは、ぜひ一度、ご相談ください。