子宝妊活

子宝鍼灸治療について

子宝鍼灸治療

新しい命が宿り子宝に恵まれるには、<温かい母体>がとても大切と考えます。なぜなら、たとえどんなに高度な不妊治療を受けたとしても、妊娠を支えるのは最終的にはお母さんの体だからです。
でも、知らず知らずのうちにからだは冷えてきます。長い年月をかけて溜まった深い冷えをとるには、鍼灸はとても有効な治療法です。
温かいからだに導き妊孕性(妊娠する力)を最大限に高める<根本療法>と、女性周期に合わせて行う<周期療法>で妊娠をお手伝い致します。
喜びの瞬間が早く訪れていただけるよう、日々施術に取り組んでいます。

<目次>
1. 妊娠の基本は“温かいからだ” 3つの理由
2. 妊孕性を最大限に高める根本療法
3. 女性周期に合わせて行う周期療法
4. 根本療法と周期療法で妊娠を目指す

【妊娠の基本は“温かいからだ” 3つの理由】
皆さんもどこかで「冷えは妊娠によくない」と読んだり聞いたりしたことがありませんか?ここで改めて、温かいからだはなぜ大切なのか考えてみたいと思います。

①卵子の若返りのために
ミトコンドリアを活性化すると卵子はパワーアップします。ミトコンドリアとは、人間のからだを構成している細胞の中にある小器官で、あらゆる生命活動に必要なエネルギー(ATP)を作っています。

1つの卵子の中には10万個ものミトコンドリアが存在し、それらが産出するATPを使って卵子は成熟します。この時、十分な量のATPが供給されれば、強いパワーを持った若々しい卵子が生まれます。また、受精卵が分割して胎児になるときも、ミトコンドリアのはたらきは大切です。
もしATPが不足すると、卵子は十分成熟できなかったり、受精卵の分割は途中で止まってしまったりするかもしれません。
ここで注目していただきたいのは、ミトコンドリアは温かい環境下でエネルギー(ATP)を量産するということです。逆に、寒さを嫌い、低体温のもとでは活動が低下して生産量は減少します。
ミトコンドリアが最も活発に働く理想的な体温は36.5度~37度です。
生命力に溢れた若々しい卵子を育てるために、温かいからだは大切なのです。

付け加えると、ミトコンドリアは卵子に限ったことではありません。
精子は卵子と出会うために、人間でたとえるとフルマラソン以上の距離を泳がなければなりませんが、これができるのも精子にあるミトコンドリアがエネルギーを供給しているからです。

もちろん、卵巣や子宮などすべての内臓器官もATPを動力源に機能しています。元気な卵子や着床しやすい子宮内膜、女性ホルモンや甲状腺ホルモンなど妊娠に必要な条件が整うには、ミトコンドリアが働きやすい温かいからだが理想です。だから、女性には高温期があり、妊娠すると温かいからだは維持されるのだと思います。

②免疫力の活性化のために
もう1つ大切な要素があります。それは、免疫力です。病気から体を守っている免疫機能は温度にとても敏感で、体温が1度上がると30%もUPし、逆に体温が1度下がると30%も落ちることが科学的にわかっています。
妊娠を妨げる婦人病を予防したり、お腹に宿った命を細菌やウイルスから守るためにも、温かいからだは不可欠と考えます。

③さらさら血流のために
体温は妊娠を左右する血流にも影響します。温かいからだの血液はさらさらです。反対にからだを冷やすと血液はドロドロになってきます。
血流がいいと、それだけ体温が上がりミトコンドリアと免疫力は活性化します。
また、脳の視床下部から分泌された卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)がさらさらの血流にのってしっかりと卵巣に届けられると、卵胞の成長が促されて排卵が起きやすくなります。卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲン(E1・E2・E3)が滞ることなく子宮に送られると、受精卵が着床しやすい塊のない子宮内膜が育ちやすくなります。
それだけではありません。子宮動脈と卵巣動脈のめぐりがいいと、子宮、卵巣、卵管に豊富な酸素と栄養が届き、働きが活発になります。
妊娠に欠かせない血液を滞りなくめぐらせるために、温かいからだは重要と考えます。

【妊孕性を最大限に高める根本療法】
<温かい母体>は妊娠の大前提と言えます。逆に、冷えは妊娠を妨げることになります。
実際、赤ちゃんを希望される患者様をみていると、みなさん一様に冷えています。この「冷え」とは、ただ単に手足が冷えるというような感覚的なものに限らず、東洋医学でいうところの「精気の虚」を言い表しています(これについては「施術理念」のページで詳しくお話いたします)。
当院では不妊の根本原因を「冷え(=精気の虚)」と捉え、積聚治療を駆使して解消していきます。お体を根元から温めることで、ミトコンドリアが活性化され、免疫力が向上し、血液循環が改善され、その結果として、自然妊娠力が最大限に高まると考えています。

【女性周期に合わせて行う周期療法】
女性のからだは、低温期、排卵期、高温期というように周期的に変化しています。それぞれの時期に起こるからだの変化に応じて行う鍼灸治療のことを「周期療法」といいます。
周期療法の目的は、各期間に働くからだの機能がしっかりと作動するようにサポートすることです。
基礎体温と女性周期を図に示し、周期毎に行う鍼灸について説明します。
*基礎体温表を3か月くらいつけていると、ご自身の周期がわかってきます。

〇低温期の鍼灸
月経開始から約2週間続く低温期は、卵胞刺激ホルモン(FSH)や卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになり、卵胞・卵子、子宮内膜の成長が促される時期です。卵巣内では、約半年かけてじっくりと成長してきた卵胞が排卵可能なグラーフ卵胞に成熟します。一方、子宮内では、月経が終わると次の受精卵の着床に備えて子宮内膜が作られ始めます。
この時期の卵巣と子宮は、いつも以上に血液を必要としているので、「補血(ほけつ)」の施術を行います。これにより、卵胞は成熟し、子宮内膜は柔らかくて厚みのある内膜へと成長していきます。同時に、ホルモン中枢のある下垂体(脳の一部)にアプローチすることで、ホルモンがスムーズに分泌されます。低温期の長い人は、卵胞の成長や子宮内膜の発育に問題を抱えている可能性があるので、お身体の状態を確認しながら施術いたします。

〇排卵期の鍼灸
排卵を誘発する黄体化ホルモン(LH)が分泌され、排卵が起きる時です。この時期は、卵子が卵胞から飛び出す力と、卵管采が卵子を卵管内に吸い込む力(ピックアップする力)が必要になります。排卵予定日の前後は、この力を補う「補気(ほき)」の施術を行います。
「気」とは、「精気」、つまり、生命力のことです。 排卵機能とピックアップ機能がしっかりと作動するよう、「精気」を補います。ピックアップ障害はみつけることが難しいため、原因不明不妊や2人目不妊の中に隠れていることがあります。

〇高温期の鍼灸
高温期に入ると、からだの中では、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が多量に分泌されます。血流量が増えて、酸素と栄養が子宮にどんどん送り込まれます。子宮内膜が成熟して受精卵が着床する準備が整い、妊娠に向けて高温期はしばらく続きます。
この時期の施術は、骨盤内の血行をよくしてホルモンの分泌を促し、受精卵の受け入れ能力と保育力を持った子宮内膜に仕上げることが目的です。こうすることで、着床の窓が開き受精卵の受け入れ体制が整います。
特に、高温期が短かったり、高温期と低温期の差が低かったりする人は、子宮内膜が育ちにくいことがあるので、高温期の鍼灸はとても大切です。

〇月経期の鍼灸
妊娠しなかった場合、子宮内膜は剥がれ落ち、経血と一緒に体外に排出されます。月経期は、経血をきれいに排出する大掃除の時です。もし、体内に残ると「瘀血(おけつ)」になり、血流を悪くする原因になります。古い血液をきれいに排出して次の妊娠する機会に備えます。

【根本療法と周期療法で妊娠を目指す】
一本の樹木にたとえると、「根本療法」は、樹全体を支える根っこを強化することで、「周期療法」は、枝や葉を手入れすることです。
地中に張りめぐらせた根は、樹木を支えて水や養分を土から吸い上げます。葉は光合成をおこない栄養を作り出し、枝は栄養を樹木全体にいきわたらせます。しっかりと根が張り、1つ1つの枝葉がその役割をはたすことで、立派な樹木に成長します。
妊娠も、妊娠力という「根」、つまり、土台がしっかりしてはじめて成立します。そして、女性周期に伴って働くからだの様々な機能が、「枝葉」のように1つ1つ着実に役割をはたすことで、強い生命力を持った卵子や酸素に富む綺麗な子宮内膜が育つわけです。
妊娠はからだ全体でするものです。はなもも鍼灸治療院は、患者様一人ひとりの潜在能力を最大限に引き出し妊娠へと導きます。
なかなか赤ちゃんを授からないとお悩みの方、年齢的なリミットの迫っている方、ぜひ一度、ご相談ください。からだが整えば、きっと可愛い赤ちゃんに恵まれます。


<子宝コラム>
・妊活と温かいからだ作りとミトコンドリア
・妊活におすすめのお灸のツボ
・妊活におすすめの栄養素と食事のとり方3つのポイント
・妊活に効果的な鍼灸の受け方
・卵胞と卵子の発育開始から受精卵ができるまでの過程

<参考文献>
・生理学 医歯薬出版株式会社
・病気がみえるVol.9 メディックメディア
・不妊治療はつらくない 主婦の友社
・卵子力をアップさせるライフスタイルBOOK Gakken