妊婦

便秘と下痢について

毎日の快適なお通じのために

冷えを解消することで、便通の乱れを整える鍼灸治療を行っています。妊娠中のお体に負担をかけないとても優しい施術です。

妊娠すると便秘や下痢をしやすくなる理由は、一般には、子宮による腸の圧迫や、ホルモンやストレスなどの影響とされています。確かに、大きくなった子宮が腸を圧迫すれば便秘になることもあるでしょうし、ホルモンバランスが変われば便通が乱れることもあると思います。

でも、考えてみると、赤ちゃんの成長に合わせて子宮が大きくなったり、妊娠してホルモンバランスが変化したりすることは、すべての妊婦さんに共通しています。なのに、便秘や下痢に悩まされるのは一部の方たちです。なぜでしょう?私は、他に何か根本的な原因が潜んでいるのではないかと考えています。

それは、「冷え」です。当鍼灸院で取り入れている積聚治療(しゃくじゅちりょう)の基本理念に「病の根本原因は冷えにある」というものがあります。この場合も、冷えのために腸の力が弱まり、その結果、体内で起こる様々な変化(大きくなる子宮やホルモンバランスなど)に耐えられなくなったとみています。

そこで、冷えを解消して、腸の働きを回復する鍼灸治療を行っています。妊婦さんらしい温かいからだを取り戻せば、快適なお通じも戻ってくることでしょう。便秘や下痢でお困りの方は、ぜひ一度、ご相談ください。

【参考:妊娠中の便秘と下痢】
妊娠するとカラダの中では、プロゲステロンというホルモンがたくさん分泌されるようになります。このホルモンには、赤ちゃんの成長に合わせて子宮が大きくなれるように、子宮の筋肉を緩める働きがあります。同時に、消化器の筋肉も緩めるため、腸の動きが鈍くなり便秘になりやすくなるとされています。また、大きくなった子宮が周りの腸を圧迫することも、便秘の一因と考えられています。一方、下痢をしやすくなる理由は、妊娠によるホルモンバランスの変化やストレスなどが影響しているようです。
でも、便秘や下痢があまりにもひどい場合は、何か病気が潜んでいるかもしれません。一度、病院で診てもらいましょう。