妊活・不妊

着床障害

ふかふかの子宮内膜を育てるために

せっかく良い卵子が育っても、着床できなければ妊娠は成立しません。受精卵が着床しやすい、ふかふかのベッドのような子宮内膜を育てられるように、カラダを整えていきましょう。

卵子と精子は、卵管の中で出会い受精します。その後、受精卵は、卵管から子宮内に5日~7日かけてゆっくりと移動し、子宮内膜の中にもぐり込みます。これを着床といいます。でも、もし子宮内に何らかのトラブルがあると、受精卵は着床できなくなります。これを着床障害と言います。次のような病巣がある場合、着床障害を起こすことがあります。
子宮の筋層に腫瘍ができる子宮筋腫、子宮の内膜組織が子宮の筋層で増殖する子宮腺筋症、子宮内膜の一部がポリープ状になる子宮内膜ポリープ、子宮が変わった形をしている子宮奇形、子宮内膜が癒着して閉鎖している子宮内膜癒着、子宮内膜が成熟しない黄体機能不全、 子宮内膜が厚くなりすぎる子宮内膜増殖症、子宮内膜に悪性の腫瘍ができる子宮体がんなど。
もし、子宮に問題があると着床しづらいだけではなく、胎児の成長を妨げたり、流産の原因になることもあります。
<参考文献:赤ちゃんが欲しい人の本 西東社>

着床障害は不正出血や痛みなどの自覚症状があれば気がつきますが、中には無症状のものもあるため、知らず知らずのうちに起きていることがあります。赤ちゃんを望んでから1年以上経つ方は、まずは、病院で、着床障害が起きていないか確認してもらいましょう。超音波検査や子宮内視鏡検査、血液検査などで病巣がないかどうか調べてくれます。もし、明らかに着床の妨げになっている病巣がみつかった場合、対処方法を検討してくれます。
受精卵が着床できなければ妊娠は難しいので、できるだけ早く子宮内を整えるのがいいでしょう。

でも中には、着床障害は解決されたはずなのに、なかなか妊娠できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは、子宮内が受精卵の着床しやすい状態にまだ整っていないからと思われます。たとえ病巣(子宮筋腫など)を取り除いたとしても、それのできた原因がからだに残っていては、子宮内が真に整ったとはいえません。一般的には病巣自体が着床障害の原因とされていますが、当鍼灸院ではもう一歩踏み込んで、病巣ができた理由こそが着床障害の「真の原因」と捉えています。着床障害を乗り越えるには、これを解消することが重要と考えています。
では、真の原因とは何でしょうか?それは、ピックアップ障害や排卵障害のページでもお話したように「冷え(精気の消耗)」とみています。からだに冷えが生じた結果、病気に対する抵抗力が低下して、その人は子宮内膜に病巣があらわれたと考えています。
当鍼灸院では、様々なツボを駆使して冷えを解消することで、着床障害の根本的な解決を目指しています。真の原因が解消されれば、からだは整い、ふかふかの子宮内膜も育ちやすくなっていくことでしょう。着床障害でお悩みの方、今のからだの状態で本当に妊娠できるのか不安な方、ぜひ一度、はなもも鍼灸治療院にご相談ください。